車のキズやへこみはどこまで影響するの?

MENU

輸入車を売る時に傷やへこみはどこまで影響するのでしょうか?

車のボディに傷やへこみがあればそれは当然マイナス査定となります。
どこまでマイナスになるのかというとそれは査定士の胸算用だけなのですが、基本的に資格のある査定士ですから誰がやっても見るポイントは変わりませんから査定額についても大きな開きはありません。
後はその買い取り業者あるいは下取りディーラーがその車をどのくらい欲しいかで査定額が上がることがありますし、逆に市場に出しても売れないと判断すれば査定額も平均以上に下がるのです。
その査定額が下がる要因に傷やへこみなどがあることは否めません。
査定士は査定するときにボディの傷やへこみなどは注意深く見ます。へこみなどはへこんでいるだけならいいのですが、傷が付いてそこから錆が出ていたらそれだけでマイナス査定も跳ね上がってしまうのです。
細々したところで査定ポイントは査定士によっても変わります。
それでは傷はへこみはあらかじめ修理しておいたほうがいいのではと考えますが、それにかかる費用以上に査定額が大きく変わることはありませんから、修理しても結果的に損をしてしまいますから修理はしないほうがいいのです。
小さな傷は自分で直したくなるものです。ホームセンターに行けば修理キットなども売っています。しかしそれはあくまでも自分がこれからも乗るための応急処置です。
査定ということは売却するということですから、傷を直すのでも修理工場を持っている買取り業者やディーラーに任せたほうがいいのです。
傷やへこみがあればそれはもうしょうがないので、後は車の洗車や清掃などに気をつけたほうがいいのです。